カーポート 台風時の注意  残念な、と言うか、やってはいけない対策

YouTube部隊 始動!
2020年9月10日
怖い怖いアイツ!    白いあり
2020年9月16日

カーポート 台風時の注意  残念な、と言うか、やってはいけない対策

台風が過ぎ去り、秋晴れの良いお天気が続きます。

明日からはしばし曇りや雨の日が続くようですが

今年の台風は、まだまだ注意が必要ですね。

 

さてさて、先日の台風一過、ふと通りがかった時に見た風景。

 

「ん?こ、これは・・・

気持ちはわかるがやっちゃならんぞ!」

 

的な光景を目にした私。

 

築5年未満のお家でしょうか?

まだまだ新築して間もないお家です。

 

台風でカーポートの屋根が飛ばされないように

しっかりと骨組みにくくり付けてあるんですよ。

 

あ・・・

これ、やっちゃいけない方法!

 

 

はい、カーポートの屋根は強風時には

その骨組みを守るために、飛びやすく作られています。

 

地域によって台風速度の目安があるそうです。

正確にはこちら(社・日本エクステリア協会)

 

これ以上の風が吹くと、屋根は飛ぶように設計されています。

 

え?飛ぶ?

な、なんで?

 

困るやんね^^;

屋根飛んだら、車に傷が、ご近所に迷惑かけて…

 

はい、です、ですが、決められているようなんです。

 

なぜか!?

 

骨組みを守るため!

 

 

屋根が飛ばないと、骨組みが曲がってしまうから

その前に飛ぶように設計されているんだそうです。

だもんで、骨組みと括り付けると

屋根が飛ばない代わりに、骨組みが曲がってしまう恐れがあるのです。

 

骨組みが曲がると・・・

 

もう使えませんよね、危険すぎて。

 

だもんで、屋根をくくるなら地面から。

 

と言っても物理的には、というか

特殊な道具がないと厳しいので

括り付けない方がいい、と言うことになります。

 

 

じゃ、飛んじゃったらどうするか?

 

火災保険で修理する方が多いですね。

 

 

とは言え保険の内容にもよりますので

事前に保険屋さんに相談しておくといいでしょう。

 

ではまた!