2030年にむけての取り組み

新田中は2030年に向けての取り組みを始めています

ZEHとは?

ZEHと書いて「ゼッチ」と読みます。

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、昔風に言えば「省エネ住宅」のことです。
ただ、掲げている目標が全く異なります。

経済産業省 資源エネルギー庁」のWebサイトより引用します。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

このような目標の下、進めているのが「ZEH」です。

ZEHとは?

ZEHと書いて「ゼッチ」と読みます。

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、昔風に言えば「省エネ住宅」のことです。
ただ、掲げている目標が全く異なります。

経済産業省 資源エネルギー庁」のWebサイトより引用します。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

このような目標の下、進めているのが「ZEH」です。

2030年に向けて

新田中はZEHに取り組んでいます

2017〜2020年度までの目標 / NearlyZEHを含む

2017

  • ZEH対応
  • ZEH非対応

2018

  • ZEH対応
  • ZEH非対応

2019

  • ZEH対応
  • ZEH非対応

2020

  • ZEH対応
  • ZEH非対応

新田中では2020年までに一般的な新築住宅の50%をZEH(もしくはNearlyZEH)化することを目指して取り組んでいます。
また、2020年度に義務化される「一時消費エネルギーの表示」もすでに取り組んでおり、性能的にもクリアしています。
ですので、さらに先の2030年へ向けて[オールZEH]を目標に住宅業界での環境保全に全力で取り組んでいます。

数字で表せない素材について

仕上げ材そのものは断熱性能値にはさほど影響しません。
でも、実際には同じ木材でも触った感触で温かさや冷たさが違います。
このように数字で表現できないが体感温度に良い影響を与える素材についても重要視し、冬を少しでも暖かく、夏を少しでも涼しく住まえるような素材をお勧めしています。

リフォームやリノベーションとZEH

リフォームやリノベーションではZEHやNearlyZEH化はとても高いハードルです。
しかし、数字だけで表現するのであればとても簡単です。

でもそれって実際にはどうなの? という大きな疑問があります。
掘り下げれば掘り下げるほど、既存住宅や中古住宅はそういった机上の論理が通用しないケースが多々あります。

大切な骨組みや基礎、天井裏や壁の中が見えないのが当たり前のリフォームやリノベーションでは、信頼性の低い古い図面のみで計画を進められることもしばしば。
だからこそ、先の数字だけでは解決できないことがたくさんあるのです。

では、既存住宅や中古住宅はリフォームやリノベーションでは安心して住めないの?
いえいえ、そんなことはありません。
国の定めた資格を持った検査技術者によるインスペクションを受ければ、現況が大方把握できますので、それに沿ったアドバイスやご提案が出てくるはずです。
私ども、新田中でも「既存住宅現況検査技術者」の資格を取得し、お客様が大切なお住まいで安心して暮らせるよう調査技術や検査技術向上にがんばっています。

また、その上で数字的にクリアできなくても、少しでも夏は涼しく、冬は暖かく暮らせるような、つまりはできるだけ冷暖房を必要としない家づくりのご提案も可能です。