幻の漆喰

伝統の技と最新技術の融合、それが幻の漆喰

「漆喰」という伝統的な壁材に最新技術を織り交ぜ、今までにない新しい壁材が生まれました。
使用しているのは自然素材のみ。人体にも無害で安全な壁材、それが「幻の漆喰」です。

「幻の漆喰」は「焼成カルシウム」・「麻のスサ」・「海草」を煮込んで作った糊を無菌水と混ぜ合わせて作られています。ですから、完全天然素材で、安全な壁材です。

「幻」と言われる由縁、それが「光熱触媒」

「幻の漆喰」の材料の一つである「焼成カルシウム」は化学物質に対して非常に高い吸着力を持っています。
さらに「幻の漆喰」は、光が当たる場所や、暗がりでも温度と反応を起こし、臭いや化学物質を吸着・分解する能力、「光熱触媒」の効果を持っています。

つまり、「焼成カルシウム」が化学物質などを吸着し、吸着した臭いや化学物質を「光熱触媒」で分解する、こうすることで半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保つのです。

「ホルムアルデヒド分解試験」での驚きの分解力

アトピー(アトピー性皮膚炎)やアレルギーの原因の一つと言われる「ホルムアルデヒド」。

「幻の漆喰」が持つ光熱触媒の働きは「ホルムアルデヒド分解試験」でもその効果を実証済みです。
左表を見れば分かる通り、わずか30分で驚きの効果が現れます。

また、ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解します。
光熱触媒とバクテリアの効果により、壁の汚れも自然に分解。いつまでもきれいな状態を保ちます。

また、マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散するため、副交感神経を刺激し、リラックス効果が得られます。

幻の漆喰 4つのメリット

室内の空気を
半永久的にクリーンに保つ
「天然の空気清浄機」

ホルムアルデヒドだけでなく、
様々な化学物質・有害物質を
吸着・分解

光熱触媒により、
壁の汚れ(化学物質の汚れ)を
自然に分解

マイナスイオンや
各種ミネラル物質を発散
リラックス効果が得られます

新田中の「健康住宅」を支える3つの素材

音響熟成木材

幻の漆喰

清活畳