素材へのこだわり

新田中が考える「真の健康住宅」

我々はずいぶんと長い間「真の健康住宅」について考えてきました。

たくさんの試行錯誤を繰り返す中で、昔ながらの家に使われている素材について勉強してみました。
そう、昔の家に使われている建材のほとんど全ては自然素材です。
これらの自然素材をうまく使って、自然の素材が持つ本物の自然エネルギーを家にうまく活用できないだろうか?と考えるようになり、現代のテクノロジーを融合させた多くの自然素材に出会いました。

弊社のハウスドクターである田中は、その中から更に素材を厳選。
厳選した自然素材を弊社なりに組み合せ、木が持つぬくもりを大切にした家を作り上げることに。
最終的に決定した自然素材をうまく活用した結果、不思議な事に、この家は「呼吸」をするようになりました。
「住んだ後の健康」まで考えた家の誕生です。

そして、呼吸する家で生活するという事、つまり自然と共に生活をする、これこそ、これからの家のあり方だと考えました。

新田中の「健康住宅」を支える3つの素材

音響熟成木材

幻の漆喰

清活畳

※音響熟成木材・清活畳・幻の漆喰は株式会社カイケンコーポレーションの商標又は登録商標です。
また、同様の名称などを語った類似粗悪品が出回っています。ご注意下さい。